現場は常に動いている

現場は常に動いている

 

 

日本の英字新聞は日本人向けに書かれており読みやすいですがボキャブラリーが少ないです。

本場のアメリカや英国のWEBニュースをネットで読むと、記事の背景を書かれていますのでそちらを読むようにしましょう。

表面だけの情報ではなく現地の歴史や過去の人物、出来事を書かれている英字新聞はボキャブラリー以上にそのバックボーンを知る手掛かりとなります。事細かく情勢を知ればその分裏付けられた内容を読み取れますのでコミュニケーションを行う時も、話をはずませることができます。それに裏の出来事を知れば知るほどそのニュースには深みが増してきて、更に面白味は増すので英字新聞に触れる楽しみが増えるでしょう。

読み取る段階では、ご自分の教養のなさを痛感しますがそれがあなたの現実です。英語力が不足しているあまり内容を読み取れずに、段々嫌になってくることもあるでしょうが、しかしそれを励みにして読み取る努力を怠らなければその努力は実を結びます。きっと読めるようになるでしょう。

日々新しい英文を生み出す英字新聞は、ご自分の理解の範囲を超えることもありますがそれを読み取ろうとすることで会話に使用できる能力が身に付きますので、学習の教材として用いるのをお勧めいたします。

 

慣れるならまず時事英語

慣れるならまず時事英語

 

世の中の情報というのは、私達が日常で見て聞くのと同じくさまざまな場面で出てきます。普段の雑談、上司との会話、会社同士の取引等で話題のネタとして持っておくのは日常生活を過ごすにあたりけして無駄ではありません。

ですので、ぜひ英字新聞を通して時事、芸能・スポーツ、天気、事件、生活の英語を幅広く身に付けておきたいものです。

話題のネタがないというのは人との会話を行ううえで避けたいことです。話題をふられない、ふっても相手が興味を示さず会話が終わってしまうのは人間関係を築く上で致命的でしょう。話題が広い方ほど人気が出やすいのも事実です。

国際的なコミュニケーションをするための代表的な教材は英字新聞です。意外に思われるかもしれませんが、新聞はあらゆる世代が読んでいるもので、共通の話題にしやすいことが多々あります。会話を楽しむときに使える英語も英字新聞には使われているので、グローバルコミュニケーションの場に入り交流を深めるときに大変役立ちます。

相手も人間ですので、好きな趣味やスポーツ、芸能人はいます。好きな話で盛り上がることができれば十分相手と親睦を深めるチャンスとなりますから、英字新聞から対応できる話題を少しでも多く取り入れていきましょう。

広告がおもしろい

広告がおもしろい

 

広告のキャッチコピー、情報、用語は実際に英会話をするときにも大変参考になります。ジョークの利いた言い回しや独特の表現を使用して興味を引くように制作されているからですが、広告の情報から仕様、プライスも掲載されておりますのでその商品の相場も知ることもできます。

しかも広告はそのジャンルの商品のみというわけではなく幅広い商品の説明がされておりますので、範囲にとらわれず国内でも知らなかった商品の情報まで読み取れます。本来興味がない商品の情報も英字新聞を読むことを通していままで知らなかったことをどんどん取り入れていきましょう。このように広告から得られる情報はとても多いので、一つ一つしっかりと読んでいきたいところですね。

国際社会に出て英語圏を生活の中に取り入れるならば、現地でビジネスを行う時も日本国内の相場で話をするわけではなく現地の相場をきちんと知り、話を進めていかなければなりません。英字新聞からたくさんの情報を取り込むことにより、信頼と成功を勝ち取る実力を手に入れましょう。

ただの広告だと侮ってはなりません、広告に含まれる情報は国際社会で生きるために大変役立ち知識として十分に用いることができる大変優れたものなのです。

ヘッドラインは重要です

ヘッドラインは重要です

 

ヘッドラインとは記事のトップの見出しなので、読み手の興味をそそるように端的な言葉でひきつける面白い言い回しを使っています。

記事を書くプロである記者が頭をひねって考えたキャッチコピーのようなものですから、関心をひくように韻やレトリックを踏んでいる場合もあります。それを探り読み取るのも英字新聞を読むひとつの楽しみでしょう。

読み手の興味をひくには巧みな話術と言葉の選び方が必要です。それを一目でインパクトあるものに仕上げているのがヘッドラインなので、何気なく見ているものではありますが高度なテクニックを求められているのです。

効果的な言語表現を工夫し、説得力や美しさを強調するものもありそれはグローバル社会のビジネスの現場でも役に立つ技術です。商品のプレゼンテーションの時にも表現方法として、面白い言語表現を巧みに操ることにより商品の魅力を引き立てることもできます。なによりも面白い話をする人は人間関係にも恵まれます、いい人間関係を築くのはビジネスでもプライベートでも大切です。

英字新聞のヘッドラインは、ひきつける言葉を学ぶ際に大変参考になりますので国際交流の場で活躍するためにもヘッドラインに是非着目していただきたいです。

話すなら新聞読んでおく

話すなら新聞読んでおく

 

卒業後に国際社会で働く場合学校の英語の授業内容を範としてはいけません。学校内では通用するかもしれませんが英語教師との時間潰しはなるべく学校内だけにして「英字新聞」から生活や時事の情報を英文で取り入れましょう。学校内で学んだことはテストの点取りに役立つものであり、実社会に貢献するために学ぶものとはいえず学校の勉強だけ頑張っても役立つものはたかがしれています。

英字新聞の入手自体はそんなに難しいものではなく特に現代はネットが普及していますので英字新聞は容易にネットから読むことができます。英語圏のニュースを時間の合間に読んでみるだけでも実社会に出たとき世間に関しての知識を持っている状態から始めることができるので、学校英語しか知らない人達より優位な状態で社会に出られるでしょう。それほどに英字新聞から読める情報は国際社会に出ても大いに役立ちます。

そして英字新聞の情報は話題を広げるためにとても役立つので、会話をする機会が増えるということはそれだけ英語に触れる機会も増えるということです。それだけ国際交流が容易になりグローバル社会を生き抜く武器となります。そのためにも英字新聞は読んでいて損はありません。

英語教師は時事無関心

英語教師は時事無関心

 

 

教師の多くは、学校に勤務するために勉強し、学校に勤務したのでその他の世界に無関心です。学校外へ出ず実社会に関心がなく、そもそもかかわりたくもないため実社会のことを知りません。

ガラスのコップのように狭い世界に一生入っているのが好きな閉鎖思考の方々といっても過言ではありません。その狭い世界の中から見える範囲の事しか知らない人は知識も狭い範囲のものですから、それ以上の向上を見せることもなくずっと平行線となることでしょう。

そんな無知な彼らに時事や情勢聞くのは間違っているというものです。学校で教える義務のないことに関してまで、しっかりと理解して教えてくれる教師というのはそういません。

彼らは学校内での教育に関しては専門的に訓練を受けましたが、実社会のプロとは全く言えないのです。

英字新聞は時事や情勢のプロが読みやすくわかりやすい解説をし、実用的な英文でニュースを掲載しています。

時事英語を学ぶには英語教師に学ぶよりも格段に英字新聞のほうが優れているといえるでしょう。時事は時代背景も合わせて読むと大変面白いものですが、過去問題の復習のようなものは必要ありません。ですから気軽に英字新聞で英語圏の生活に触れて、動きある文章を楽しむのをおすすめします。

 

学校英語は教師の給与稼ぎ

学校英語は教師の給与稼ぎ

 

同じことを毎日毎年、単調にひたすら繰り返している学校英語は英語力の向上にほとんど効果を出せません。ただひたすらテキストにそって黒板に無駄に多いだけの文章を書き、進歩も向上もない作業化された授業はやる気も活気もなくそんな教師の姿を見たとしても生徒のやる気や学力は、惰性と無気力で向上どころか低下の一途を辿っていくことでしょう。

英語の学習方法も暗記という、なかなか英会話に生かしにくい方法を提示してくる教師もいます。テストの点取りのための丸暗記と英会話の場面に生かすための学習は全く違うので、英会話として学習したいなら違う教師を探しましょう。

あまりにも単調な授業を行う教師はその人物が教えなくてはいけないという理由は全くありません。極端な話を言えばロボットに置き換えてもよいといえます。

そんな教師たちを範としてはいけません。現実とテキストは、全く違うのですから現実の国際社会で生きていくにはその世界に一部でも常に触れている必要があります。それに触れる手段に英字で幅広い社会の情報を表している英字新聞をおすすめします。英字新聞は日々の移り変わりで文章が変化し、内容も様々なので単調になることはまず有り得ません。

生活英語が満ちている

生活英語が満ちている

 

英字新聞は話題のジャンルが大変幅広いです。生活、芸能スポーツ、事件、広告にいたるものまで、日常的に使う英語をたくさん含まれているのでいざ英語を話す時にすぐに使えるものばかりです。

テキストや学校で習う英語は定型例のものが多く、普段使いのものとはあまり言えませんが、英字新聞で使われている英語は日常で使っているものが多く含まれる上に今現在ネイティブが生きているシーンを反映するものばかりで最新の英語表現を手に入れることができるでしょう。

日本語でも同様ですが、言葉にはスラングもあります。スラングは時代の移り変わりで変化するもので、新聞やインターネット上でも使用され広く普及されるものも生まれます。

ビジネスシーンでも古い英単語ばかり並べるのではなく時代に合った英語力を得るためには、英字新聞を読むことが最適でしょう。

また、テキストで学べる挨拶や表現も日常生活では違う言葉を使用することも多々あります。違う言い回しを知り、使用するだけでも国際交流の場面もかなりこなれた様子になります。

英語は本来学ぶものではなく使用して意志を伝えるためのものです、英字新聞から使う為の英語を吸収し、コミュニケーションへと役立てましょう。

辞書なしで読んでしまえる

辞書なしで読んでしまえる

 

日本語の新聞やニュースでおおよその内容がわかっていることを英字新聞で読むと、辞書なしで読める部分が多くあります。

事前に内容や人物の名前を理解しているとそれだけで英文の構成を、知っている単語をつなげて読み取ることもできるので理解が早くなります。わからない箇所は調べる必要もありますがなんとなく書いてあることがわかっていると、あまり難しく考えずにその文面を読んでいくことができるでしょう。英語の問題集を解いていくよりも負担は少なく、より実用的な学習をすることができます。

またテキストでは習わないような表現を、英字新聞は大きな見出しの言葉によく使用されていますのでこの単語を使うのか、こう表現するのかなどをそこからは読み取れます。見出しの多くは名詞句で成り立っており、動詞が使われておりません。こうすることにより限られたスペースにインパクトが生まれ、読み手の興味を引くことが可能です。

一見見出しは日本人にとって学校で習う英語とはかけ離れており、とらえ方も慣れないうちは難しく、とてもわかりにくいものでしょう。しかしそれはテキストではけして学べない表現方法でもあります、それが英字新聞から学べるものなのです。